読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊ダイヤモンド2017年2月4日号、上げ下げマンション大調査を読みました。

約2ヵ月ぶりの更新となりますが、今回は週刊ダイヤモンドのマンション特集を取り上げます。

全体的には、価格上昇に実需層がついてこれず都心のマンションの販売状況が悪化しているというトーンでした。湾岸地域でも家族でゆったり暮らせるマンションだと7,000〜9,000万円くらいしますからね。。世帯年収1,000万円では厳しいでしょうし、今すぐ買いたい人には辛い時代です。

週刊ダイヤモンド 2017年2/4号 [雑誌]
ダイヤモンド社 (2017-01-30)

スポンサーリンク

 

今は買い時か否か

データで見ても東京23区の70㎡あたりの中古マンション価格は直近ボトムの2012年7月には3,922万円だったのに対し、今年1月には5,317万円となっており約35%も値上がりしています。率直に言えば、今は買い時ではないということでしょう。

f:id:fura-fura:20170320211743p:plain

どの地域のマンションを買うべきか

これは以下の表を見ていただければ一目瞭然で、リーマンショック前のミニバブル期に購入した物件でもほとんど赤字になっていない港区、中央区、千代田区、渋谷区、目黒区で買うべきですね。更に絞れば港区、中央区、千代田区といったところでしょうか。

 
伝統的な住宅街は苦戦?

また、2000〜2015年に竣工された主なマンションの騰落率が掲載されていましたが、プラウド松濤が▲42.2%、パークハウス浜田山一丁目が▲33.6%、プラウド芦屋が▲24.3%と伝統的な住宅地はが交通アクセスの悪さがあだとなったのか?資産価値が下がった物件が多いなという印象を受けました。

 
最後にまとめて掲載されていた地域別の中古物件上昇率も興味深いです。湾岸地域を中心に都心では多くの物件が購入時より価格が上昇しているようです。ただし、これは05~15年に販売された物件を2017年の今売りに出したらどうかというデータで、中には当然リーマンショックで販売価格が大幅に下落した物件も含まれているわけですから今後もこのように都心では購入したときと同じかそれ以上の値段で売れると考えて購入すると痛い目にあいますので要注意です。
 
全体的に資料集として保存しておく価値がある上、おすすめの新築マンション等も掲載されていますから今すぐ~今後2,3年くらいのスパンで住宅の購入を検討されている方にはお薦めできる特集でした。

スポンサーリンク