気になる物件-アネシア築地ステーションレジデンス ※追記 間取り情報

更新もだいぶ感覚が空いてきた当ブログですが、非常に気なる物件が1件でてきました。アネシア築地ステーションレジデンスです。

f:id:fura-fura:20170602205024p:plain
公式ホームページより

物件概要
所在地
東京都中央区築地3丁目801番1他(地番) 
交通
東京メトロ日比谷線「築地」駅徒歩1分(直結) 
総戸数
98戸(事業協力者住戸19戸含む・他に店舗有(区画数未定))
入居時期
平成31年03月下旬入居予定
構造・階数
鉄筋コンクリート造地上15階地下2階

スポンサーリンク

 

気になる点1 9年ぶりとなる日比谷線直結マンション

何度も書いているように人口減・都市集中が続く日本において不動産を買うのであれば、都内の駅近物件しかないでしょう。

f:id:fura-fura:20170602210135p:plain

f:id:fura-fura:20170602210059p:plain

もちろん最も良い条件は港区×駅直結マンションだと思いますが、こうなると坪単価700~万円以上、1人暮らし用の1Kでも1億円以上すると思われますのでもはや庶民にはまったく手がでません。
その点、当マンションは仮に坪単価500万円だとすると60平方メートルの2LDKでも約9,000万円ですから親からの支援が期待できる裕福なDINKSや医者or弁護士等の共働き家族なら購入できそうです。
中央区への人口流入が続く中、当物件のような立地の場合、今後10年は資産価値が落ちないのではとかなり楽観的に考えており、いずれ売却することになる相続対策物件として期待しています。

気になる点2 意外に低い価格に期待

当物件は駅直結という非常に分かりやすい強みがあるので正直坪600万円程度でも問題なく完売する気がします。

しかし、売り主が名古屋に強いトヨタホームということで23区内の強烈な需要を理解していない可能性がある気がします。

f:id:fura-fura:20170602211204p:plain

また、少し調べたところによると、この土地はトヨタ販売店である東京トヨペット築地店の跡地のため、土地の仕入れ値はそれほど高くなかった可能性があり、個人的には販売価格にかなり期待しています。

気になる点3 再開発で値上がりすら期待できる!?

小池知事が引っ掻き回しているために笑、築地市場は豊洲に移転するのか、再整備されるのか、はたまた第三の土地に移転するのかまったく不明な状況となっていますが、既定路線通り豊洲に移転するとなると広大な土地が築地駅前に出現することになります。

近年の傾向からいくと当然そこにはオフィスやレストランが入る複合ビルが建設されるはずで、再開発による物件の値上がりも期待できるのではないかと考えています。

懸念点1 高値掴みにならないか

皆さんご存じのように好調な株価、円安による海外からの需要、相続対策需要等が相まって都内の不動産価格はかなり割高になっています。

結果としてピーク時に購入してしまう可能性は十分あり得る話で、検討するためにも正式な販売価格発表が待たれるところです。

まとめ

文中に書いた通り、純粋な住まい購入というよりは相続対策としての意味合いが強い購入検討ではありますが、上記の理由から当物件にはかなり期待しており、仮に坪単価500万円前後となるようなら真剣に購入を検討する予定です。

公式ホームページでもまだ情報が少ない段階ですが、意外にも販売は今年9月ということであと3ヵ月しかありません。今後更なる情報が更新されることを楽しみにしています。

 

郵送資料_間取り

f:id:fura-fura:20170620123852j:plain

f:id:fura-fura:20170620123849j:plain

f:id:fura-fura:20170620123845j:plain

f:id:fura-fura:20170620123841j:plain

f:id:fura-fura:20170620123835j:plain

f:id:fura-fura:20170620123831j:plain

f:id:fura-fura:20170620123825j:plain


スポンサーリンク